東陽工業 リール事業部

★バーニアケーブル











 バーニアケーブル

世界初!!バーニアケーブル!東陽工業開発(PAT)
リールの常識を覆す今までにない全く新しい、巻き取りシステム、リトリーブスタイルです。
バーニアケーブルとはケーブルを引く直線運動を、スプールの巻き取り回転運動に変換し、
内蔵のリコイルスラスターエンジンを介して、ラインを巻き取ることのできる世界初の独自の機構です。(東陽工業開発の特許技術です)

超★特徴的!まさにリールを操縦しているような感覚!
ハンドルに手を触れずロッドから離れた位置でケーブルを引いても、スプールが回るのでリールが勝手に動いているような錯覚に陥ります。

目指したのはフライフィッシングならではの独特な感覚の進化形
フライフィッシングはラインを手で引く、という他の釣りにはない動作に慣れ親しんで来ました。
いわばフライフィッシングの所作といいますか、作法みたいな動作だと思います。
その動作をそのまま活かせる形として、このシステムは違和感無く尚且つ便利に機能するよう設計、開発が行われてきました。

画像の説明  画像の説明  画像の説明


何故バーニアというパーツ名なのか...?


画像の説明

  由来はその形状からきています。バーニアとはスペースシャトルやロケット、人工衛星などの姿勢制御用
  推進力噴射装置の事をバーニアと呼びます。
  
  日本では多くの人達に勇気と感動を与えた小惑星探査機ハヤブサにも搭載!
  推進力をいろいろな方向に向けられるという意味で、形状プラス機能面においても類似するところが
  あり、ネーミングさせて頂きました!
  
  
    
  




※注下記画像では行っていませんが、
下記の説明画像では行っていませんが実釣時にはランニングラインを指で挟んでスプールに誘導し巻き取ります。
画像の説明
ケーブルを引いた分だけスプールが回転します。
チョイ巻きから高速巻取りまでスピードコントロールは思いのまま!
画像の説明画像の説明
 

  • バーニアケーブルは消耗品です。定期的に交換して下さい。ケーブルと銘打っていますが使用するケーブルは金属製のものは使用できません。

  • どこの釣具店にもあるナイロンラインを使用できます。ナイロンラインでも十分な耐久性を実現しました。従来のPEラインやケプラー素材のラインを凌ぐ期間でご使用頂けます。(フロロカーボンは不向きです)
  • 万が一ケーブルが切れた場合でも、工具を持たなくても、現場で簡単に復旧が出来ます。すぐに釣りを再開できます。
  • 浸水防止構造となっていますので、写真撮影等で水没させても浸水しません。ソルトウォーターでも問題なくご使用頂けます。

画像の説明

(PAT)

バーニアケーブルは最後の1本になっても使えますが、できれば1本目が切れた時点で、その日の釣りが終わった後などに新しいものに交換しておくことをお薦めします。
動画8(バーニアケーブルの現場での復旧方法等)
クリックした後動画が表示されるまで少し時間が掛かる事がありますがそのままお待ち下さい。


                 

注意!左ハンドル仕様の場合は上記動画とは回転方向が逆の反時計回りになりますのでご注意願います。

上記の動画は右ハンドル仕様の説明になります。

(PAT)

a:8600 t:3 y:7

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional